【Mac】Adobe Creative Cloudをアンインストールする方法とできないときの対処法

【Mac】Adobe Creative Cloudをアンインストールする方法とできないときの対処法

IllustratorやPhotoshopなどAdobe製品を使う際に必要となるAdobe Creative Cloud

IllustratorやPhotoshopを解約してAdobe Creative Cloudも使わなくなったので、Macからアンインストールしようと思った際にアンインストールがうまくできないことがあります。

今回は、Adobe Creative Cloudをアンインストールする方法とアンインストールがうまくできないときの対処法について紹介していきます。

Adobe Creative Cloudのアンインストールする方法

Adobe Creative Cloudには「Uninstall Adobe Creative Cloud」というAdobe Creative Cloudをアンインストールする際に使うアプリケーションがAdobe Creative Cloudをインストールした際に一緒に入っています。

アプリケーションから「Adobe Creative Cloud」というフォルダを探して開きます。

Macのアプリケーション

「Adobe Creative Cloud」フォルダ内にある「Uninstall Adobe Creative Cloud」を起動します。

Adobe Creative Cloudの中身

「Adobe Creative Cloudアプリケーションをアンインストールしますか?」と出るので、「アンインストール」を選択するとアンインストールすることができます。

Adobe Creative Cloudアプリケーションをアンインストールしますか

「Creative Cloudデスクトップアプリケーションをアンインストールできません」と言われる

Adobe Creative Cloudのアンインストールは簡単なのですが、アンインストールする際に「Creative Cloudデスクトップアプリケーションをアンインストールできません」と表示されてアンインストールができないということがあります。

Creative Cloudデスクトップアプリケーションをアンインストールできません

「これを必要とするCreative Cloudアプリケーションがコンピュータにまだインストールされています」と書かれているので、IllustratorやPhotoshopなどを先にアンインストールする必要があるのでは?と思い、Illustratorなどをアンインストールしてから再度Adobe Creative Cloudのアンインストールをやってみましたが、同じように「これを必要とするCreative Cloudアプリケーションがコンピュータにまだインストールされています」と出てしまいました。

Adobe Creative Cloud Cleaner Toolを使う必要がある

上記のようにアンインストールがうまくできなかったときのためにAdobeから「Adobe Creative Cloud Cleaner Tool」が提供されているので、それを使う必要があります。

「Adobe Creative Cloud Cleaner Tool」をダウンロードします。

http://download.macromedia.com/SupportTools/Cleaner/mac/AdobeCreativeCloudCleanerTool.dmg

「Adobe Creative Cloud Cleaner Tool」を開くとこのような画面が出るので「すべて消去」を押します。

「はい」を押します。

消去ができれば、Adobe Creative Cloudのアンインストールも完了です。

まとめ

今回は、Adobe Creative Cloudをアンインストールする方法とアンインストールがうまくできないときの対処法について紹介していきました。

Adobe Creative Cloudのアンインストールがうまくいかないというときに参考にしてみてください。

ツールカテゴリの最新記事