スポンサーリンク

OneNoteって容量制限はある?現在の使用容量を確認方法は?

OneNote

Evernoteの代わりになるとして注目されているOneNote

OneNoteは、MicroSoftから提供されている文章や写真などを保存できるツールですが、ExcelやWordのようにライセンスを購入することなく無料で使うことができるのも魅力の1つです。

無料となると気になるのが、OneNoteの容量制限はあるのかです。

今回は、OneNoteの容量制限と現在どのくらいの容量を使っているのかを確認する方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

OneNoteに容量制限はあるの?

OneNoteで作成したノートなどは同じMicroSoftが提供しているストレージサービスであるOneDriveに保存されるようになっています。

OneNote自体に容量制限はありませんが、保存先であるOneDriveでは無料だと5GBまでとなっています。

文章を中心としてノートの場合、5GBは気にする必要のない容量ですが、高画質な写真を保存する場合はやや物足りなくなることもあるかもしれません。

また、OneDriveはOffice 365を利用している場合容量が1TBとなるので、Office 365wお利用している人は容量制限を気にすることなく使うことができます。

尚、OneNoteと似た機能を持つEvernoteでは、容量制限はありませんが、無料プランの場合は毎月60MBまでとなっています。

OneNoteで写真を大量に保存しようと思っている場合は容量制限になる可能性が高いので、GoogleフォトAmazon Prime Photoなど容量無制限で写真や動画を保存できるサービスで写真などは保存するほうがおすすめです。

OneNoteで現在の使用容量を確認する方法

文章などを中心に保存している場合はそこまで気にする必要はありませんが、念の為現在どのくらい容量を使用しているか確認したいということもあるかもしれません。

OneNoteの使用容量を確認方法するためには、OneDriveの使用容量を確認する必要があります。

まずは、OneDriveへログインします。(右上の「サインイン」)

Microsoft OneDrive - Access files anywhere. Create docs with free Office Online.
Store photos and docs online. Access them from any PC, Mac or phone. Create and work together on Word, Excel or PowerPoint documents.

サインイン画面が表示されるので、サインインしていきます。

サインインすると以下のようなページが表示されるので、左下にある「5GB中○を使用」が現在使用中の容量となります。

OneNoteでまだ何も保存していなくてもOneDriveで何か保存している場合はいくつか使用されていることになります。

まとめ

今回は、OneNoteの容量制限と現在どのくらいの容量を使っているのかを確認する方法を紹介していきました。

OneNoteはOneDriveで保存されるので、無料では5GBが容量となり、文章などを中心としてノートでは容量を気にする必要はありませんが、写真なども保存している場合は容量不足になることもあるので、有料で容量を増やすか、写真はGoogleフォトなどに保存するなどするのがおすすめです。

OneNote
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Webcovering
タイトルとURLをコピーしました