【windows10編】iPhoneの写真をパソコンにバックアップ(保存・転送)する方法

【windows10編】iPhoneの写真をパソコンにバックアップ(保存・転送)する方法

iphoneの写真が貯まってきて撮った写真をPC(windows)にバックアップ(保存・転送)しておきたいと思うことがあります。

前回、MacでiPhoneの写真をパソコンにバックアップ(保存・転送)する方法を紹介しました。

今回は、Windows10でiPhoneの写真をバックアップ(保存・転送)する方法を紹介していきたいと思います。

準備

windows10でiPhoneの写真を保存する2つの方法は主に以下の2種類あります。

  • フォトアプリを使う
  • エクスプローラから保存する

それぞれやり方は異なりますが、準備のWindows10とiPhoneを接続する部分は同じになるので、まずは、Windows10とiPhoneをLightningケーブルで接続します。

尚、接続する際はiPhoneのロックを解除しておきましょう。

接続すると、iPhoneでは、「このコンピュータを信頼しますか?」と表示されるので、

「信頼」を選択します。

「信頼」を選択するとパスコードを求められるので、パスコードを入力します。

次にWindows10側です。

Windows10でエクスプローラを開いて、デバイスとドライブにiPhoneがあれば、接続できています。

iPhoneが認識されない場合

iPhoneとWindows10を接続してもエクスプローラー上にiPhoneが表示されない(認識されない)ということがあります。

その場合の対処法はいくつかありますが、以下をまず試してみましょう。

  • iPhoneを再起動する
  • Windows10を再起動する
  • Lightningケーブルを接続し直してみる
  • iPhoneのロックを解除してから接続する

上記をやってみても認識されない場合は、デバイスマネジャーの設定をいじる必要があります。

以下の記事を参考にデバイスマネジャーの設定を行いましょう。

WindowsでiPhoneが認識されない時にやるべき5つの対処法

フォトアプリでiPhoneの写真を保存する方法

iPhoneとWindows10が接続できたら、Windows10でフォトアプリを起動します。

フォトアプリの右上にある「インポート」を押します。

このときiPhoneが認識されないと「デバイスに接続してください」と表示されてしまうので、その場合は接続し直してiPhoneを認識させてから行う必要があります。

認識されている場合は、以下のようにiPhoneからWindows10に保存したい写真を選択する画面が表示されます。

選択後に左下の「続行」をクリックします。

すると「インポートを開始しますか?」と出るので「インポート」をクリックすると写真をPCに保存することができます。

「フォルダーにインポート、並び替え順」というのは、写真を以下のように月ごとや日付ごとにフォルダーわけした状態で保存してくれる機能です。

「インポート後に、Apple iPhoneからインポートしたアイテムを削除する」はチェックを入れると、PCに写真を取り込んだあとにiPhoneの写真を削除してくれる機能になります。

「インポート」をクリックして、画面右下に「インポートが完了しました」と表示されれば、iPhoneの写真をWindows10に保存することができました。

エクスプローラから保存する方法

次にエクスプローラからiPhoneの写真をWindows10に保存する方法を紹介します。

iPhoneとWindows10を接続したら、エクスプローラーを開きます。

「デバイスとドライブ」にあるiPhoneをクリックします。

次に「DCIM」をクリックします。

「101APPLE」(○○APPLEというフォルダ)をクリックします。

フォルダ内にiPhoneで保存してある写真があれば、OKです。

あとは、写真をドラッグアンドドロップするなどしてPCのフォルダに移動させることで写真を保存することができます。

まとめ

今回は、Windows10でiPhoneの写真をバックアップ(保存・転送)する方法を紹介していきました。

iPhoneの写真をバックアップする方法はiCloudを使う方法などこれ以外にもあるので、そちらもチェックしてみることをおすすめします。

iphoneのバックアップ方法カテゴリの最新記事