Macを勝手にスリープさせない方法

Macを勝手にスリープさせない方法

MacではWindowsなどのPCと同じように一定時間操作しなかった場合に休眠状態となるスリープ機能が備わっています。

これは使っていない間の電力消費を抑えるためですが、場合によってはスリープされると困ることもあります。

今回はMacを勝手にスリープさせない設定方法をまとめていきます。

Macを勝手にスリープさせない方法

Macのスリープは「省エネルギー」から行うことができます。

「システム環境設定」を開きます。

開いたら「省エネルギー」をクリックします。

省エネルギーではバッテリー使用時と電源アダプター接続時の2つの状態でそれぞれスリープなどの設定を行うことができます。

尚、iMacやMac miniなどのデスクトップ型の場合は電源アダプター接続時のみの設定となります。

バッテリー使用時の設定

まずは、バッテリー使用時の設定です。

「ディスプレイのオフにするまでの時間」を一番右にある「しない」、「可能な場合はハードディスクをスリープさせる」のチェックを外します。

「ディスプレイのオフにするまでの時間」を「しない」にするとこのように「コンピュータの消費電力が増加する可能性があります」と出るので「OK」を押します。

これでバッテリー使用時は勝手にスリープされることはなくなりました。

電源アダプター接続時の設定

次に電源アダプター接続時の設定です。

こちらも同じように「ディスプレイのオフにするまでの時間」を一番右にある「しない」、「可能な場合はハードディスクをスリープさせる」のチェックを外します。

これで電源アダプター接続時も勝手にスリープさせることがなくなりました。

まとめ

今回はMacを勝手にスリープさせないような設定方法をまとめていきました。

スリープ設定を解除すると消費電力が上がってしまいますが、スリープさせると困る場合には試してみてください。

Macカテゴリの最新記事